倉田伸司 | バスケットボール上達法リンク集NAVI

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

    【商材説明】
    子どもたちの指導において、まず考えなくてはならないのが「時間」です。子どもたちを指導できる時間は無限ではありません。中学・高校生を指導するのであれば、「3年間」という時間を必ず意識してください。この3年間という限られた時間の中で「いま何をすべきか?」をしっかり考えることが、 勝てるチームをつくるための第一歩になります。つまり、3年先の明確なゴールを子どもたちにわかりやすく伝え、迷うことなくゴールに到達するための日々の練習メニューを提供することが指導者の大切な役割なのです。しかし、ここで多くの指導者がぶつかる壁があります。それは、「ゴール(目標)を設定しても、子どもたちが熱心に練習に取り組んでくれない」ということです。子どもたちは「やらされている」、「押しつけられている」と感じると、すぐに反発して、ヤル気を失ってしまいます。ゴールに向かって、高いモチベーションのまま練習できればよいのですが、 日々の練習はどうしても単調なものになりがちです。3年先のゴールを目指し、高いモチベーションを維持したまま練習を続けるには、 一体どうすればいいのでしょうか?実は、子どもたちのヤル気を目覚めさせ、 日々の練習に夢中にさせるには、ちょっとした「指導のコツ」があるのです…>>続きを読む

バスケットボール上達法リンク集NAVI TOP » 倉田伸司